ラジオ波を顔に照射して、期待できる美容効果とは。

ラジオ波を顔に照射するフェイシャルエステが人気です。そもそもラジオ波とはどんなものなのでしょうか。無線やラジオなどと周波数帯が同じであるためラジオ波と呼ばれていますが、皮膚の表面ではなく、肌の奥深くから熱を発生させることができるものです。
こういった温熱の効果で、美容面だけでなく健康面でも効果が期待されているのです。
美容面で期待される効果として、様々なものが注目されています。
まずは小顔効果などを含むリフトアップです。老化などによるコラーゲンの減少、またはコラーゲンが硬化してしまって、弾力の失われた肌はたるんでしまいます。ラジオ波には皮膚の奥から熱を発生させて、たるんだコラーゲン線維を収縮させることにより、リフトアップさせる力があるといわれているのです。更にマッサージに使うことで、皮膚の表面だけでなく体の深部から体温を上げられるので、血液やリンパの流れを促し、老廃物の排出がスムーズに行われる様に働きかけます。
また、コラーゲンの減少で弾力を失った肌はシワができやすくなります。ラジオ波が発熱を促すことでコラーゲンが増加すれば、シワも予防することができます。
ただし、妊娠中や授乳中であったり、肌に炎症がある場合、ペースメーカーを使っている人や顔に金属製のプレートやボルト、糸等を埋め込んでいる場合、がんや心臓疾患、糖尿病、自己免疫疾患、感染症、皮膚の慢性疾患がある人は使用を避けた方がよいので、十分に注意してから利用しましょう。

ラジオ波エステ徹底比較ランキング│美顔効果から危険性まで大調査!はこちら